• トイレリフォーム、その前に

    • トイレをリフォームしたい、とリフォーム会社に駆け込むその前に、考えて頂きたいことが幾つかあります。



      まず、現在のトイレのどんな部分に不満があるのか、どんなトイレにしたいのか。


      次に、トイレリフォームをした後、いつまでそのトイレをお使いになるのか。
      現在のトイレへの不満としては、やはり寒い、便器が古い、薄暗い、段差があるなどといった理由を挙げる方が多いです。



      特に年配の方は寒いトイレは身体にもよくありませんから、温かいトイレが健康上も好ましいのです。



      便器は最新のものは汚れもつきにくく、掃除の手間も省けます。高齢化社会を見据えるとこういった点にも注目です。
      薄暗い、段差があるといった点も、バリアフリーが公共施設だけでなく一般家庭にも求められるようになった昨今では必要と言えるでしょう。



      軽い力で開くスライド式の扉や、手摺り、段差を無くすこと、将来体が不自由になったときでも安心です。
      折角のトイレリフォームですから、やはり美しさだけではなく、機能性と将来を見据えたリフォームを行いたいものです。



      折角リフォームをしても、年をとってまたリフォームをしなくてはいけないのであれば、今から将来のリフォームが最小限で住むようにバリアフリーなどをしておくと良いでしょう。



      段差だけでなく、明るくすることも大切です。
      高齢者になるとものが見えづらくなり、トイレで転倒することも多いのです。


      トイレリフォームはイメージだけで決めてしまいがちですが、あらゆる視点から進めていくべきです。

  • 関連リンク

    • 現在のトイレリフォーム

      トイレリフォームと言えば、和式型を洋式型の便座に変えることが主流の時代もありました。今では当たり前の洋式型の便座も、当時は足腰の弱った高齢者を中心に、若い女性などからもハイヒールを履いてしゃがむのが楽であると評判も上々でした。...

    • トイレリフォームをするなら全体を変えよう

      家の中でも特に綺麗にしておきたい、清潔感を出したいのがトイレです。用を足す場所ですから元々のイメージがあまり宜しくないだけに、綺麗にしておくことで家族やお客様からの印象も良くなりますし、見ていて清々しい気分になれるというのもあります。...