• トイレリフォームをするなら全体を変えよう

    • 家の中でも特に綺麗にしておきたい、清潔感を出したいのがトイレです。



      用を足す場所ですから元々のイメージがあまり宜しくないだけに、綺麗にしておくことで家族やお客様からの印象も良くなりますし、見ていて清々しい気分になれるというのもあります。



      ただ、どれだけ綺麗に扱おうとしていても水回りですから当然水垢がついたり、便座が傷んで来たりと、いずれはトイレリフォームを考えなくてはならなくなります。
      そこで問題となってくるのがどこまでリフォームするかということです。



      折角リフォームするのでしたら今までよりも更に見栄えよく、綺麗にしたいものです。

      便器だけを変えるよりもタイルを変えたり、壁紙を変えたりすることで印象がガラリと変わりますし、最新の便器、便座にすることで利便性も増します。



      ウォシュレットは今では当たり前のようになっていますが、そこに瞬間暖房便座や便座フタのオート開閉機能、ノズルの自動洗浄など、様々な機能がついているので、そういった最新設備を付けるのもいいでしょう。

      トイレリフォームはリビングや寝室、お風呂などのリフォームに比べると簡単に見られそうですが、拘れば色々と変えていく部分が見つかるものです。



      トイレを綺麗にすれば運気が上がるともいいますから、風水を参考に壁紙を変えたりするのもいいですし、換気や臭いなどを優先的に考えるのもいいでしょう。



      いずれにしてもトイレリフォームをするなら思い切って全体を変えていき、家族の誰もが快適に用を足せる空間を作るように心掛けましょう。

  • 関連リンク

    • トイレリフォーム、その前に

      トイレをリフォームしたい、とリフォーム会社に駆け込むその前に、考えて頂きたいことが幾つかあります。まず、現在のトイレのどんな部分に不満があるのか、どんなトイレにしたいのか。...

    • 現在のトイレリフォーム

      トイレリフォームと言えば、和式型を洋式型の便座に変えることが主流の時代もありました。今では当たり前の洋式型の便座も、当時は足腰の弱った高齢者を中心に、若い女性などからもハイヒールを履いてしゃがむのが楽であると評判も上々でした。...