• 現在のトイレリフォーム

    • トイレリフォームと言えば、和式型を洋式型の便座に変えることが主流の時代もありました。



      今では当たり前の洋式型の便座も、当時は足腰の弱った高齢者を中心に、若い女性などからもハイヒールを履いてしゃがむのが楽であると評判も上々でした。



      現在のトイレリフォームは少し意味合いが違ってきていて、便座を入れ替えるだけと言うより、収納や手洗いを一体化させたり、床や壁や天井の張り替えをして全体的な調和を図ったりと、今やトイレは単に用を足す場所ではなく、寛ぎの空間と言っても過言ではありません。
      便座の色もホワイト系だけでなく、ピンク系やブルー系など種類も豊富で、自分好みの色を選べることもゆったりした気分になれる原因の1つかも知れません。またスペースを広めに取ってバリアフリーにし、高齢になってきた親の介護に備えるために、リフォームに踏み切る人も多くなっています。



      トイレも年々進化していて、人が近づくと開閉するもの、用を足すと自動で水が流れるものもあり、その水も節水型が多くなりました。


      シャワートイレの開発も画期的でした。



      一般の人に取っても衛生面からは勿論ですが、特に痔の弱い人や出産後の間もない女性には、発売当初から大変に喜ばれました。
      トイレリフォームの基本は、快適と清潔です。



      高齢者を意識した場合には手すりを付けるなどの安全面も忘れないようにしましょう。

      トイレは湿度が高い場所ですから、調湿や消臭効果のある材質のものを選ぶと、気持ちのよい空間になりますし、床は特にアンモニアなどが飛び散りやすいので、耐水性だけでなく耐アンモニア性のある床材にするのも一案です。



  • 関連リンク

    • 現在のトイレリフォーム

      トイレリフォームと言えば、和式型を洋式型の便座に変えることが主流の時代もありました。今では当たり前の洋式型の便座も、当時は足腰の弱った高齢者を中心に、若い女性などからもハイヒールを履いてしゃがむのが楽であると評判も上々でした。...

    • トイレリフォーム、その前に

      トイレをリフォームしたい、とリフォーム会社に駆け込むその前に、考えて頂きたいことが幾つかあります。まず、現在のトイレのどんな部分に不満があるのか、どんなトイレにしたいのか。...