• トイレリフォームの考え方

    • トイレリフォームをする場合の最目的は、洋風便器にして洗浄器付き暖房便座にする場合が多いようです。


      確かに年と共に冬のトイレは厳しいですし、暖房便座や洗浄器が付いていると助かります。



      しかしもう少し将来的なことも考えて、トイレリフォームを考えて見ましょう。
      誰もが年を取り高齢者になると、病気や事故などで車椅子生活にならないとも限りません。そこまで考慮してトイレリフォームをしておくと、いざと言う時に不自由をせず非常に助かります。
      まず扉は開き戸ではなく引戸にしたほうが、高齢者や車椅子の場合は使いやすいです。



      もちろん扉はハンガードアにして敷居をなくしてバリアフリーにしましょう。トイレ自体の広さを広くして、介助者も一緒には入れるぐらいの広さが取れると助かります。

      主要部分には手すりをつけて、身体を動かせるようにしておきましょう。



      洗浄器や暖房便座様のコンセントは出来るだけ邪魔にならない場所に設置し、冬に電気ストーブを使うことを想定して予備のコンセントも設けておきましょう。



      室内の床や壁の仕上材料は拭き掃除の出来る素材を使用すると同時に、出来るだけ滑りにくい材料にしましょう。また最近は抗菌仕様や脱臭効果のある材料もあるので、これらをうまく組み合わせて使用すると良いでしょう。換気扇は必ずつけるようにして、照明や換気扇のスイッチは車椅子でも使用できるように低い位置にしましょう。


      場合によっては照明はセンサー式にしても便利です。



      トイレリフォームの前に、高齢者や車椅子での使用をシュミレーションすると、使いやすく安全なトイレリフォームができるでしょう。



  • 関連リンク

    • トイレリフォームをするなら全体を変えよう

      家の中でも特に綺麗にしておきたい、清潔感を出したいのがトイレです。用を足す場所ですから元々のイメージがあまり宜しくないだけに、綺麗にしておくことで家族やお客様からの印象も良くなりますし、見ていて清々しい気分になれるというのもあります。...

    • トイレリフォーム、その前に

      トイレをリフォームしたい、とリフォーム会社に駆け込むその前に、考えて頂きたいことが幾つかあります。まず、現在のトイレのどんな部分に不満があるのか、どんなトイレにしたいのか。...